2011年11月30日

屋根、省エネ、太陽光発電

 最近は太陽光発電あるいはソーラー発電という言葉一般化しました。石油などの化石エネルギーを使うと二酸化探査CO2が発生します。CO2ほ発生させない自然エネルギーとしての太陽光発電・ソーラー発電が注文を浴びています。

 太陽の光を電力に変えるのが太陽光発電です。

 一般には太陽光パネルによる発電ですが、電卓や時計にも小さな太陽電池が使われています。
商品名に ソーラー とついていたりしますので、探して見るのもいいかもしれませんね。

これら太陽光発電のために電卓等にはってある黒いパネルが太陽光のエネルギーを電気のエネルギーすなわち電力に変換します。外見は単なる黒いだけの板ですが、この板において光から電力ヘの変換が行われています。

 太陽から地球上に降り注ぐエネルギーは莫大なものです。これを全て電力に変換できれば人類に必要なエネルギーの全てをまかなえるようです。また太陽光発電では発電にくらべて排出される二酸化炭素が極めて少ない自然エネルギーです。

発電用に必要なエネルギー冷却水と言ったものもなく、保守メンテナンスに手間がかからず音も匂いも発生しません。そのために街中から郊外、臨海部、そして砂漠まであらゆる場所に設置可能です。

 太陽光電池は利用されていない太陽光エネルギーを電気に変えて利用することで、地球温暖化防止にもなり人類に様々な利益を生み出します。

地球に優しいエコロジカルなエネルギーとして近年注目を集めています。

屋根 千葉
ソーラー発電 千葉
千葉 リフォーム
塗装 千葉
横浜 屋根工事
塗装 見積り
千葉 塗装工事
葬儀 横浜
横浜 葬式
posted by ヤネタロウ at 05:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

屋根工事お役立ち情報

屋根の吹き替え工事の見積もり内容が適正であるか教えてください。 築20年100u程...

屋根の吹き替え工事の見積もり内容が適正であるか教えてください。 築20年100u程度の屋根を 現在の瓦屋根からガルバリウム鋼板へ葺き替えようと考えております。 2社から見積をとったのですが、1社は瓦屋根⇒鋼板葺きにした場合、高さが違うため雨樋は新たに付け替えとなるとの説明。 もう1社の説明は、鋼板葺きの下地合板の調節により既存の雨樋が使用可能との事です。 どちらの提案を受け入れれば良いのか(正しいのか)判断に迷っております。 また、瓦屋根⇒鋼板葺きにした場合、家の耐震性能はそれなりに向上するのでしょうか。(続きを読む)


屋根の葺き替え工事をしようと思います。築50年くらいの平屋一戸建20坪ほどで屋根...

屋根の葺き替え工事をしようと思います。築50年くらいの平屋一戸建20坪ほどで屋根は陶器瓦だと思います。 雨漏りがしているので全て葺き替えだと思いますが、相場はおいくらでしょうか? 前金とは足場代・廃材処理料のことでしょうか?先に30万程前金で欲しいと言う業者があったのですが、それが普通ですか? 因みに大阪市在住です。 業者さんではなく、消費者の方オススメのメーカーあれば教えて下さい。(続きを読む)


屋根工事

屋根工事をコロニヤルの上に合板を乗せルーフィングしスタイローホームをのせ(続きを読む)


軽量鉄骨とアルミ

屋根工事でルーフデッキに桟を取り付けて、波板を取り付けます。(続きを読む)



千葉の屋根工事の一押し

千葉の太陽光発電実績No.1

千葉のお得な総合リフォーム

千葉の屋根塗装・外壁塗装なら

横浜の屋根工事なら

外壁塗装・屋根塗装の一括見積り

外壁塗装 千葉

横浜 葬儀

ラベル:屋根工事
posted by ヤネタロウ at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

屋根のリフォームの種類 カバー工法

屋根のリフォーム方法の一つ
「カバー工法」

屋根を変えることで家の印象がガラッと変わります。

この工法は屋根材の傷みが激しい場合によく使われます。

この工法にはこんな特徴があります

  • 葺き替えに比べ、工事期間が短く経済的

  • 廃材が出ない

  • アスベストが周囲に飛散しない

  • 断熱性、遮音性の向上



などがあげられます。
ただし、デメリットがあって

  • 屋根が2重になるため重くなる


この点が挙げられます。

カバー工法で使われる屋根材は、スレート、金属系屋根材、アスファルトシングルなどです。瓦屋根の上から新しい瓦を載せることはあまりないようです。
工期の面も被せるだけなので、いったん既存の屋根を剝して葺き替え工事よりも早いです。
下地のチェックを行って問題が無ければ費用・工期の面からもオススメの工法であると言えます。

近年問題となっているアスベスト飛散もこれで大丈夫です。
既存屋根と新しい屋根の空気層に結露ができて、思わぬ雨漏りの原因となってしまいますので、しっかりと換気ができるようにしないといけません。

メリットは多くデメリットの少ない「カバー工法」。
屋根工事の廃材がほとんど出ないので、環境にも優しいですね。

屋根のリフォームを考えるときにカバー工法を検討の一つに入れるのもいいかもしれません。


千葉の屋根工事の一押し

千葉の太陽光発電実績No.1

千葉のお得な総合リフォーム

千葉の屋根塗装・外壁塗装なら

横浜の屋根工事なら

外壁塗装・屋根塗装の一括見積り

千葉の塗装はおまかせ

横浜 葬儀
posted by ヤネタロウ at 06:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。