2011年11月30日

屋根、省エネ、太陽光発電

 最近は太陽光発電あるいはソーラー発電という言葉一般化しました。石油などの化石エネルギーを使うと二酸化探査CO2が発生します。CO2ほ発生させない自然エネルギーとしての太陽光発電・ソーラー発電が注文を浴びています。

 太陽の光を電力に変えるのが太陽光発電です。

 一般には太陽光パネルによる発電ですが、電卓や時計にも小さな太陽電池が使われています。
商品名に ソーラー とついていたりしますので、探して見るのもいいかもしれませんね。

これら太陽光発電のために電卓等にはってある黒いパネルが太陽光のエネルギーを電気のエネルギーすなわち電力に変換します。外見は単なる黒いだけの板ですが、この板において光から電力ヘの変換が行われています。

 太陽から地球上に降り注ぐエネルギーは莫大なものです。これを全て電力に変換できれば人類に必要なエネルギーの全てをまかなえるようです。また太陽光発電では発電にくらべて排出される二酸化炭素が極めて少ない自然エネルギーです。

発電用に必要なエネルギー冷却水と言ったものもなく、保守メンテナンスに手間がかからず音も匂いも発生しません。そのために街中から郊外、臨海部、そして砂漠まであらゆる場所に設置可能です。

 太陽光電池は利用されていない太陽光エネルギーを電気に変えて利用することで、地球温暖化防止にもなり人類に様々な利益を生み出します。

地球に優しいエコロジカルなエネルギーとして近年注目を集めています。

屋根 千葉
ソーラー発電 千葉
千葉 リフォーム
塗装 千葉
横浜 屋根工事
塗装 見積り
千葉 塗装工事
葬儀 横浜
横浜 葬式
posted by ヤネタロウ at 05:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。